ITO Fuminori Consulting > Service > ワークショップ

ワークショップ

成果につながる「学びの場」を提供

どんなに素晴らしい内容であっても、一方的な講義で提供した場合ほとんど記憶に残らない・・・これはさまざまな研究で実証されていることです。一方、自分で教えたり、体験によって学んだり、グループ討議などを通じて気づいたことは記憶保持率も高く、具体的な行動につながりやすくなります。

学んで欲しい内容(コンテンツ)をどう学ばせるか(メソッド)を考え、設計したワークショップを提供しています。※2011年 The Bob Pike Group プロフェッショナルトレーナー認定

 

成果の出る「学びの場」を提供

 

 

事例集

 

事例1 古典に学ぶリーダーシップ
古典に学ぶリーダーシップ01 古典に学ぶリーダーシップ02
目的
  1. 古典に学ぶ偉人、現代の経営者は数知れず。その理由を探り、自身の人生に活かす手がかりとする。
  2. 古典のエッセンス、偉人のヒストリーを参考にしながら、自分らしい行動指針を定める。
内容
トピック 内容 手法
知識・技能と
姿勢・態度の関係
  • 事例から気づく知識、技能、姿勢・態度の関係
  • 志向性・価値観が行動にあたえる影響
グループワーク
五条の徳目
  • 現在の日本人が持つ価値基準に深く根ざしている中国古典のエッセンス
  • 五条の徳目とリーダーシップ
個人ワーク
ペアワーク
リーダーと
リーダーシップ
  • 指導力・統率力と影響力の違い
  • 古典に学ぶリーダーのあり方
グループワーク
未来を描く
  • 自分自身を導く力=セルフリーダーシップ
  • 過去・現在・未来を見つめる
個人ワーク
ペアワーク
行動指針を定める
  • 行動指針とは?
  • 行動指針を書き出す
  • 行動指針をすり合わせる
個人ワーク
グループワーク

 

事例2 ロジカルシンキング×PDCAサイクル
ロジカルPDCAサイクル01 ロジカルPDCAサイクル02
目的
  1. PDCAサイクル(Plan‐Do‐Check‐Act)を回すために必要となる、ロジカルシンキングやフレームワーク思考を、ケーススタディを通じて身につける。
  2. ロジカルシンキングを活かす上で欠かせない右脳活用法や、PDCAサイクルを回す上で欠かせないコミュニケーションスキルを学び、すぐに実践するためのアクションプランを立てる
内容
トピック 内容 手法
PDCAサイクルの
全体像とPLAN
  • PDCAサイクルとは?
  • PLANとは?
グループワーク
ロジカルシンキングと
PLAN
  • Whyツリーと真因追究
  • 特性要因図と多面的志向
  • Howツリーと仮説思考
  • 優先順位付け
  • 短期的なPLAN=段取り力を鍛える
ケーススタディ
グループワーク

チェックシート
DO、CHECK、
ACTと報告・連絡・相談
  • 真の報告・連絡・相談
  • 「見る」と「観る」、「事実」と「意見」
  • よき計画がCHECKにつながる
チェックシート
ペアワーク
グループワーク
ロジカルを生かす
“非ロジカル”
  • 右脳思考と左脳思考グループワーク
  • 右脳を活性化させるミーティング法
グループワーク

 

事例3 コミュニケーションとソーシャルメディア
コミュニケーションとソーシャルメディア01 コミュニケーションとソーシャルメディア02
目的
  1. 現代社会に大きな影響を与えているソーシャルメディアについて、その基本を理解する。
  2. 個人・組織がどのようにソーシャルメディアと向き合い、活用していけばよいのかを学ぶ。
内容
トピック 内容 手法
時代の変化と
ソーシャルメディア
  • ソーシャルメディアの現状と影響力
  • 2大ソーシャルメディアの特徴
ペアワーク
グループワーク
この時代に求められる
個人・組織の姿勢
  • 共感の持つ力
  • 炎上はなぜ起こる?
  • 時代の求める真摯さ
  • 企業のあり方が変わる
ケーススタディ
グループワーク
コミュニケーション力
向上
  • 人からされて嬉しい事、嫌な事
  • 褒めたつもりが褒めてない?
  • 上手な対立解消法
グループワーク
企業と個人が
ソーシャルメディアを
活用する意義
  • 信頼を構成する要素
  • 事例研究
  • 企業がソーシャルメディアを活用する意義
  • 個人がソーシャルメディアを活用する意義
ケーススタディ
グループワーク

 

 

このページの先頭へ