Blog TOP > 「しばらくの間、育児優先で過ごします。」

しばらくの間、育児優先で過ごします。

いまから10年前、次女の誕生に合わせて、勤めていた会社に無理を言って育児休暇を取得しました。

 

男性が育児休暇を取得できるようになった直後で、社内の規則も整備されていない中である意味無理やりの取得でした。仕事上ではいろいろな方に迷惑をかけることになってしまいましたが・・・

 

 

育児休暇期間の経験は、その後の自分自身や家族関係にとてもプラスだったと感じています。

 

例えば、

  • 料理や掃除を効率よくこなそうと試行錯誤する中で、段取り力が向上したこと
  • 長女と2人で過ごした時間が、いまでも時折思い出す良き思い出となっていること
  • 家事や育児をすることで、妻の日常を知り、少し気持ちを理解することができたこと
  • 自分を育ててくれた両親の苦労を知り、感謝の気持ちが芽生えたこと
  • 子供と向き合うことで自分自身の特性を知ることができたこと(子は鏡)

 

などなど、たくさんの気づき・学びがありました。

 

 

あと数日から10日ぐらいの間で、家族が1人増える予定です。

 

 

今回は大きく成長した長女・次女も、一緒に育児優先で過ごすことになっています。

 

すでに料理や掃除などの家事を支援してくれていて、料理の腕がメキメキ上達しています。

(写真は長女と次女が協力して作ったオムライスです)

 

誰かの成長を支援しようと努力することは、結果として自己成長につながる。

 

 

第三子の出産・育児を通じて、家族全員が成長できるよう、楽しみながら育児に取り組んでいきます。

 



 

このページの先頭へ