Blog TOP > 「名前を決める。」

名前を決める。

突然ですが、我が家はもうすぐ家族が一人増えます。

 

今日は、生まれてくる第三子の名前を家族みんなで話し合いました。

 

家族で話し合う時、我が家はプロセスづくりや合意形成を大切にしています。

つまり、ファシリテーションを強く意識しています。

(変な家族だとよく言われます(苦笑))

 

 

まずは候補をたくさん挙げる→発散思考

 

まずはブレインストーミング的に自由な発想でアイデアを出し合います。

 

文字の響き、使いたい漢字、年をとっても気にならなそうな名前!?など、それぞれが自由な基準で自由に名前を挙げていきます。

 

 

投票や話し合いによって候補を絞る→収束思考

次に、たくさん挙げた候補から名前を絞っていきます。

 

この際、一応画数を参考にしながら、候補を絞りました。

 

先に生まれた二人の子供たちも、一応画数を参考にしています。

 

そして何より、その名前の持つストーリーを大切にしています。

 

名前の由来を聞かれたとき、落胆させることがないように・・・

 

将来、自分の名前の画数を調べるようなことがあったとき、嬉しい気持ちになるように・・・

 

そんな思いを込めながら名前を考え、投票などをしながら候補を絞りました。

 

収束のフェーズで大切なことは「重要事項の合意」だと思います。

 

つまり、何を重視するか?何を大切にしたいのか?を合意する。

 

合意形成によって自然と候補が絞られてきます。

 

最後は直感を大切に決定する

「あとは、生まれた子供の顔を見て決めよう!」

 

ということで今日の話し合いを終えました。

 

考え抜いたうえでの直感。これも我が家で大切にしていることの一つです。

 

家族が一人増える。

 

この大きな変化を糧に、家族一人ひとりがより成長していけたらよいな~とぼんやり思った一日でした。



 

このページの先頭へ