Blog TOP > 「伝説の七つ石(半田山)を見てきました! 前編」

伝説の七つ石(半田山)を見てきました! 前編

今日は(社)Co-Createの監事であり、阿弥陀院の住職でもある照円さんのお誘いで『伝説の七つ石探検!』というイベントに参加してきました。

 

まさに”道なき道をゆく”ハードな道のりでしたが、8歳から80歳まで幅広い年齢の方々が参加していました。

 

さまざまな人々との交流や大自然を満喫できた素敵なイベントでした(^-^)

 

道中の険しい道と七つ石を写真で紹介します。

 

 

まずは、阿弥陀院に集合。雨の予報でしたが結局歩きやすい曇りの天気でした。

 

目指す山頂ははるか遠くに見えます。

目指す山頂

 

第三回(前回)の探検で設置した看板を頼りに、

 

山に入っていきます。

 

道なき道を進むと…

 

一つ目『畳石』がありました。たしかに畳が10枚ほど敷けそうな大きさです。

畳石

 

総勢13名、小学校二年生も参加しています。とっても元気な男の子でした。

総勢13名で進む山道

 

なんと、イノシシの足跡を発見!

イノシシの足跡

 

どうやらここを通って行ったらしい・・・というところ。野生を感じます。

イノシシの通り道

 

整備された道を通って二つ目『割石』へ。たしかに割れています。

割石

 

またもや道なき道を進むと・・・

道なき道2

 

お社を発見。ご神体は50年前ぐらいに盗まれてしまったそうです。

お社

 

人がほとんど通っていない道は、自然の荒々しさを感じます。

木に巻きついた太いツル

 

三つ目『長持石』は上から。

長持石

 

道中には、七つ石ではない大きな石(岩)も点在しています。

 

また、野草の小さな小さな花を見つけることもでき、ほんわかした気持ちになります。

すずらんの花

 

そして四つ目、『黒石』に到着。急こう配を降りて登る試練の道でした。

黒石

 

昼食ポイントである山頂を目指して歩いていると、看板にくくりつけられた手紙を発見。内容はほかの石を見つけたという報告と連絡先でした。このような偶然の出会いが起こるのも山の醍醐味ですね!

手紙

 

時折、遠くまで見渡せる場所があります。これも山の醍醐味ですね。

 

これで午前中の冒険は終了となりました。

 

絶景ポイントでの昼食、残る三つの石、コウモリの住む洞窟などは明日のブログで!



 

このページの先頭へ