Blog TOP > 「論語 公冶長(こうやちょう)第五」

論語 公冶長(こうやちょう)第五

公冶長第五

 子、公冶長を謂う、妻すべきなり。縲絏の中に在りと雖も、其の罪に非ざるなりと。其の子を以て之に妻す。

 

 子、南容を謂う、邦に道有れば廢てられず、邦に道無ければ刑戮より免れん。其の兄の子を以て之に妻す。

 

 子、子賤を謂う、君子なるかな、若き人。魯に君子者無くんば、斯れ焉くにか斯を取らん。

 

 子貢問うて曰わく、賜や如何。子曰わく、女は器なり。曰わく、何の器ぞや。曰わく、瑚璉なり。

 

 或ひと曰わく、雍や、仁にして佞ならず。子曰わく、焉んぞ佞を用いん。人に禦るに口給を以てすれば、しばしば(屢)人に憎まる。其の仁を知らず、焉んぞ佞を用いん。

 

 子、漆雕開をして仕えしめんとす。對えて曰わく、吾斯を之れ未だ信ずること能わず。子説ぶ。

 

 子曰わく、道行われず、桴に乘りて海に浮ばん。我に従わん者は、其れ由なるか。子路之を聞いて喜ぶ。子曰わく、由は勇を好むこと我に過ぎたり。材を取る所無からん。

 

 孟武伯問う、子路仁なりや。子曰わく、知らざるなり。又問う。子曰わく、由や、千乘の國、其の賦を治めしむべきなり。其の仁を知らざるなり。求や如何。子曰わく、求や、千室の邑、百乘の家、之が宰たらしむべきなり。其の仁を知らざるなり。赤や如何。子曰わく、赤や束帯して朝に立ち賓客と言わしむべきなり。其の仁を知らざるなり。

 

 子、子貢に謂いて曰わく、女と回と孰れか愈れる。對えて曰わく、賜や何ぞ敢て回を望まん。回や一を聞いて以て十を知る。賜や一を聞いて以て二を知る。子曰わく、如かざるなり。吾と女と如かざるなり。

 

 宰予、晝寢ぬ。子曰わく、朽木は雕るべからず、糞土の牆は杇るべからず。予に於てか何ぞ誅めん。子曰わく、始め吾人に於けるや、其の言を聴きて其の行いを信ず。今吾人に於けるや、其の言を聴きて其の行を観る。予に於てか是を改む。

 

 子曰わく、吾未だ剛なる者を見ず。或ひと對えて曰わく、申棖と。子曰わく、棖や慾あり。焉んぞ剛なるを得ん。

 

 子貢曰わく、我人の諸を我に加うることを欲せざれば、吾も亦諸を人に加うること無からんと欲す。子曰わく、賜や爾が及ぶ所に非ざるなり。

 

 子貢曰わく、夫子の文章は得て聞くべきなり。夫子の性と天道とを言うは、得て聞くべからざるなり。

 

 子路、聞くこと有りて、未だ之を行うこと能わざれば、唯聞く有らんことを恐る。

 

 子貢曰わく、孔文子は何を以て之を文と謂うや。子曰わく、敏にして學を好み、下問を恥じず、是を以て之を文と謂うなり。

 

 子、子産を謂う。君子の道四有り。其の己を行うや恭、其の上に事うるや敬、其の民を養うや恵、其の民を使うや義。

 

 子曰わく、晏平仲善く人と交わる。久しくして之を敬す。

 

 子曰わく、藏文仲、蔡を居く、節を山にし、梲(ウダツ)を藻にす。如何ぞ其れ知ならん。

 

 子張問うて曰わく、令尹子文三たび仕えて令尹と爲れども喜ぶ色無し。三たび之を已めらるれども慍む色無し。舊令尹の政、必ず以て新令尹に告ぐ。如何。子曰わく、忠なり。曰わく仁なりや。曰わく、未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん。崔子、齊の君を弑す。陳文子、馬十乘有り、棄てて之を違る。他邦に至りて則ち曰わく、猶吾が大夫崔子がごときなりと。之を違る。一邦に至りて則ち又曰わく、猶吾が大夫崔子がごときなりと。之を違る。如何。子曰わく、清なり。曰わく、仁なりや。曰わく、未だ知らず、焉んぞ仁になるを得ん。

 

 季文子、三たび思いて而る後に行う。子、之を聞いて曰わく、再びせば斯れ可なり。

 

 子曰わく、寧(寗)武子、邦に道有るときは則ち知なり。邦に道無きときは則ち愚なり。其の知は及ぶべきなり。其の愚は及ぶべからざるなり。

 

 子、陳に在りて曰わく、歸らんか、歸らんか。吾が黨の小子、狂簡、斐然として章を成す。之を裁する所以を知らざるなり。

 

 子曰わく、伯夷・叔齊は舊惡を念わず。怨是を用て希なり。

 

 子曰わく、孰か微生高を直なりと謂うや。或ひと醯を乞う。諸を其の鄰に乞うて之を與う。

 

 子曰わく、巧言、令色、足恭なるは、左丘明之を恥ず、丘も亦之を恥ず。怨を匿して其の人を友とするは、左丘明之を恥ず、丘も亦之を恥ず。

 

 顔淵・季路侍す。子曰わく、盍ぞ各々爾の志を言わざる。子路曰わく、願わくは車馬衣裘、朋友と共にし、之を敝りても憾むこと無からん。顔淵曰わく、善に伐ること無く、勞を施すこと無からん。子路曰わく、願わくは子の志を聞かん。子曰わく、老者は之を安んじ、朋友は之を信じ、少者は之を懐けん。

 

 子曰わく、已んぬるかな。吾未だ能く其の過を見て、内に自ら訟むる者を見ざるなり。

 

 子曰わく、十室の邑、必ず忠信丘が如き者有らん。丘の學を好むに如かざるなり。



 

このページの先頭へ