Blog TOP > 「独自化(独自性を高めること)を大切にする」

独自化(独自性を高めること)を大切にする

「誰か」に囚われない

人は、ある意味では本能的といえるかも知れませんが、人と自分を比較し、優劣をつけてしまうところがあります。

 

自分より優れている人(企業)を羨ましく思ったり、ときには妬んだりする。一方、自分のほうが優れているところを見つけて喜んだり、優越感を感じたりする・・・

 

誰かと比較することはマイナスばかりではありません。人と比べることでわかることもたくさんありますし、自分ばかりみていては客観的な視点を欠き、あらぬ方向に進んでしまうこともあります。

 

誰か(敵、ライバル)に囚われるのではなく、上手に向き合う。そんな姿勢が大切なんだと感じています。

 

「独自化」に取り組み、その上で「差別化」を考える

まずは自分自身を高めること、自分のありたい姿に近づくことを第一に考える。

 

世の中の変化を捉え、その中で自分がどうあるべきかを考え、自分自身を見つめなおす。

 

今の自分の強さを認め、弱さを受け入れながら、ありたい姿(理想的な自分の姿)を描く。

 

ありたい姿に近づくために、日々どんな行動を取るべきか?半年、一年、五年後にはどのような状態となっていたいのかを定める。

 

その上で好敵手がいれば、蹴落としたり、相手の弱みをつくような手法ではなく、自分の強みやユニークな点を大切にしながら切磋琢磨しながら競い合う。そうすることで、1人ではたどり着くことのできないような高みへたどり着くことがあります。

 

 

まずは「独自化」を考え自己研鑽に励み、その上で「差別化」を考え、好敵手と切磋琢磨する。

 

そんな姿勢で日々過ごしたいものですね。



 

このページの先頭へ