Blog TOP > 「論語 里仁(りじん)第四」

論語 里仁(りじん)第四

里仁第四 

 

 子曰わく、仁に里るを美と爲す。擇びて仁に處らずんば、焉んぞ知なるを得ん。

 

 子曰わく、不仁者は以て久しく約に處るべからず。以て長く樂に處るべからず。仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す。

 

 子曰わく、唯仁者のみ能く人を好み、能く人を惡む。

 

 子曰わく、笱しくも仁に志せば、惡むこと無きなり。

 

 子曰わく、富を貴とは、是れ人の欲する所なり。其の道を以て之を得ざれば、處らざるなり。貧と賤とは、是れ人の惡む所なり。其の道を以て之を得ざれば、去らざるなり。君子は仁を去りて惡くにか名を成さん。君子は食を終るの間も、仁に違うこと無く、造次にも必ず是に於てし、顚沛にも必ず是に於てす。

 

 子曰わく、我未だ仁を好む者、不仁を惡む者を見ず。仁を好む者は以て之に尚うる無し。不仁を惡む者は、其れ仁を爲す。不仁者をして其の身に加えしめず。能く一日も其の力を仁に用いること有らんか、我未だ力の足らざる者を見ず。蓋し之れ有らん、我は未だ之を見ざるなり。

 

 子曰わく、人の過や、各々其の黨に於てす。過を観て斯に仁を知る。

 

 子曰わく、朝に道を聞けば、夕に死すとも可なり。

 

 子曰わく、士、道に志して、惡衣惡食を恥ずる者は、未だ興に議るに足らざるなり。

 

 子曰わく、君子の天下に於けるや、適も無く、莫も無し。義に之れ興に比う。

 

 子曰わく、君子は徳を懐い、小人は土を懐う。君子は刑を懐い、小人は恵を懐う。

 

 子曰わく、利に放りて行えば、怨多し。

 

 子曰わく、能く禮譲を以て國を爲めんか、何か有らん。能く禮譲を以て國を爲めずんば、禮を如何にせん。

 

 子曰わく、位無きを患えず、立つ所以を患う。己を知る莫きを患えず、知らるべきを爲すを求むるなり。

 

 子曰わく、参や、吾が道は一以て之を貫く。曽子曰わく、唯。子出ず。門人問うて曰わく、何の謂ぞや。曽子曰わく、夫子の道は忠恕のみ。

 

 子曰わく、君子は義に喩り、小人は利に喩る。

 

 子曰わく、賢を見ては齊しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みるなり。

 

 子曰わく、父母に事えては、幾くに諫む。志の従われざるを見ては、又敬して違わず、勞して怨みず。

 

 子曰わく、父母在せば、遠く遊ばず。遊ぶこと必ず方あり。

 

 子曰わく、三年父の道を改むる無きは、孝と謂う可し。

 

 子曰わく、父母の年は、知らざる可からざるなり。一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る。

 

 子曰わく、古者言を之れ出さざるは、躬の逮ばざるを恥ずればなり。

 

 子曰わく、約を以て之を失う者は鮮し。

 

 子曰わく、君子は言に訥にして、行に敏ならんと欲す。

 

 子曰わく、徳は弧ならず、必ず鄰有り。

 

 子游曰わく、君に事うるに數すれば、斯に辱しめらる。朋友に數すれば、斯に疎(䟽)んぜられる。



 

このページの先頭へ