Blog TOP > 「論語 八佾第三」

論語 八佾第三

八佾(はちいつ)第三 前半

 

 孔子、季氏を謂う、八佾庭に舞わしむ。是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらんや。

 

 三家者、雍を以て徹す。子曰わく、相くるは維れ辟公、天子穆穆たりと。奚ぞ三家の堂に取らん。

 

 子曰わく、人にして仁ならずんば、禮を如何にせん。人にして仁ならずんば、樂を如何にせん。

 

 林坊、禮の本を問う。子曰わく、大なるかな問や。禮は其の奢らんよりは寧ろ儉せよ。喪は其の易らんよりは寧ろ戚めよ。

 

 子曰わく、夷狄の君あるは、諸夏の亡きが如くならざるなり。

 

 季氏、泰山に旅す。子、冉有に謂いて曰わく、女救うこと能わざるか。對えて曰わく、能わず。子曰わく、嗚呼、曽ち泰山を林放にも如かずと謂えるか。

 

 子曰わく、君子は爭う所無し。必ずや射か。揖讓して升り下り、而して飲ましむ。其の爭や君子なり。

 

 子夏問うて曰わく、功笑倩たり、美目盼たり、素以て絢を爲すとは、何の謂いぞや。子曰わく、繪の事は素きを後にす。曰わく、禮は後か。子曰わく、予を起す者は商なり。始めて與に詩を言うべきのみ。

 

 子曰わく、夏の禮は吾能く之を言えども、杞は徴とするに足らざるなり。殷の禮は吾能く之を言えども、宋は徴とするに足らざるなり。文献足らざるが故なり。足らば則ち吾能く之を徴とせん。

 

 子曰わく、蹄、既に灌してより往は、吾之を觀ることを欲せず。

 

 或ひと蹄の説を問う。子曰わく、知らざるなり。其の説を知る者の天下に於けるや、其れ諸を斯に示るが如きかと。其の掌を指す。

 

 祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす。子曰わく、吾祭に與らざれば、祭らざるが如し。

 

 王孫賈問うて曰わく、其の奧に媚びんよりは、寧ろ竈に媚びよとは、何の謂いぞや。子曰わく、然らず。罪を天に獲れば、禱る所無きなり。

 

 子曰わく、周は二代に鑑みて、郁郁乎として文なるかな。吾は周に従わん。

子、大廟に入りて、事ごとに問う。或ひと曰わく、孰か鄹人の子を禮を知ると謂うや、大廟に入りて事ごとに問う。子、之を聞きて曰わく、是れ禮なり。

 

 子曰わく、射は皮を主とせず。力、科を同じくせざるが爲なり。古の道なり。

 

 子貢、告朔の餼羊を去らんと欲す。子曰わく、賜や、女は其の羊を愛む。我は其の禮を愛む。

 

 子曰わく、君に事うるに禮を盡せば、人を以て諂えりと爲すなり。

 

 定公問う、君、臣を使い、臣、君に事うること、之を如何にせん。孔子對えて曰わく、君、臣を使うに禮を以てし、臣、君に事うるに忠を以てす。

 

 子曰わく、關睢は樂しみて淫せず、哀しみて傷らず。

 

 哀公、社を宰我に問う。宰我對えて曰わく、夏后氏は松を以てし、殷人は柏を以てし、周人は栗を以てす。曰わく、民をして戰栗せしむるなり。子之を聞きて曰わく、成事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず。

 

 子曰わく、管仲の器は小なるかな。或ひと曰わく、管仲は儉なるか。曰わく、管氏に三歸あり、官の事は攝ねず、焉んぞ儉なるを得ん。然らば則ち管仲は禮を知るか。曰わく、邦君、樹して門を塞ぐ、管氏も亦樹して門を塞ぐ、邦君、兩君の好を爲すに反坫あり、管氏も亦反坫あり。管氏にして禮を知らば、孰か禮を知らざらん。

 

 子、魯の大師に樂を語りて曰わく、樂は其れ知るべきなり。始めて作すに翕如たり。之を従ちて純如たり、皦如たり、繹如たり。以て成る。

 

 儀の封人、見えんことを請う。曰わく、君子の斯に至るや、吾未だ嘗て見えることを得ずんばあらざるなり。従者之を見えしむ。出でて曰わく、二三子、何ぞ喪うことを患えんや。天下の道無きや久し。天將に夫子を以て木鐸と爲さんとす。

 

 子、韶を謂わく、美を盡せり、又善を盡せり。武を謂わく、美を盡せり、未だ善を盡さざるなり。

 

 子曰わく、上に居りて寛ならず、禮を爲して敬せず、喪に臨みて哀しまずんば、吾何を以てか之を觀んや。



 

このページの先頭へ