Blog TOP > 「論語 爲政第二」

論語 爲政第二

爲政(いせい)第二

 

 子曰わく、政を爲すに徳を以てすれば、譬えば北辰其の所に居りて、衆星之に共うが如し。

 

 子曰わく、詩三百、一言以て之を蔽う。曰わく、思邪無し。

 

 子曰わく、之を導くに政を以てし、之を齋うるに刑を以てすれば、民免れて恥じること無し。之を導くに徳を以てし、之を齋うるに禮を以てすれば、恥ずる有りて且つ格し。

 

 子曰わく、吾十有五にして學に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知り、六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず。

 

 孟懿子、考を問う。子曰わく、違うこと無し。樊遅御たり。子之に告げて曰わく、孟孫考を我に問う、我豊寸えて曰わく、違うこと無しと。樊遅曰わく、何の謂ぞや。子曰わく、生けるには、之に事うるに禮を以てし、死すれば之を葬るに禮を以てし、之を祭るに禮を以てす。

 

 孟武伯、考を問う。子曰わく、父母は唯其の疾を之れ憂う。

 

 子遊、考を問う。子曰わく、今の考は是れ能く養うを謂う。犬馬に至るまで皆能く養うあり。敬せずんば何を以て別たんや。

 

 子夏、考を問う。子曰わく、色難し。事あれば弟子其の勞に服し、酒食あれば先生に饌す。曽ち之を以て考と爲さんや。

 

 子曰わく、吾回と言う、終日違わざること愚なるが如し。退いて其の私を省みれば亦以て發するに足る。回や愚ならず。

 

 子曰わく、其の似す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察れば、人焉んぞ廋さんや。人焉んぞ廋さんや。

 

 子曰わく、故きを温ねて新しきを知る、以て師と爲るべし。

 

 子曰わく、君子は器ならず。

 

子貢、君子を問う。子曰わく、先ず行う、其の言は而る後に之に従う。

 

 子曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周せず。

 

 子曰わく、學びて思わざれば則ち罔く、思うて學ばざれば則ち殆し。

 

 子曰わく、異端を政むるは、斯れ害のみ。

 

 子曰わく、由、女に之を知るを誨えんか。之を知るを之を知ると爲し、知らざるを知らずと爲す。是れ知るなり。

 

 子張、禄を干めんことを學ぶ。子曰わく、多く聞きて疑わしきを闕き、慎みて其の餘りを言えば、則ち、尤寡なし。多く見て殆きを闕き、慎みて其の餘りを行えば、則ち悔寡なし。言に尤寡なく行に悔寡なければ、禄は其の中に在り。 

 

 哀公問うて曰わく、何を爲さば則ち民服せん。孔子對えて曰わく、直きを擧げて諸を枉れるに錯けば則ち民服す。枉れるを擧げて諸を直きに錯けば則ち民服せず。

 
 季康子問う、民をして敬忠にして以て勸ましむるには、之を如何にせん。子曰わく、之に臨むに莊を以てすれば則ち敬す。考慈なれば則ち忠あり。善を擧げて不能を教うれば則ち勸む。

 

 或るひと孔子に謂いて曰わく、奚ぞ政を爲さざる。子曰わく、書に云う、考なるかな惟れ考、兄弟に友に、有政に施すと。是れ亦政を爲すなり。奚ぞ其れ亦政を爲すことを爲さん。

 

 子曰わく、人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり。大車輗無く、小車軏無くんば、其れ何を以て之を行らんや。

 

 子張問う、十世知るべきや。子曰わく、殷は夏の禮に因る、損益する所知るべきなり。周は殷の禮に因る、損益する所知るべきなり。其れ或いは周を繼ぐ者は、百世と雖も知るべきなり。

 

 子曰わく、其の鬼に非ずして之を祭るは諂なり。義を見て爲さざるは勇無きなり。



 

このページの先頭へ